とはなに

あなたの「とは?」「なに?」をスッキリ!由来、意味、方法などお届けします♪

高速道路でICの通り過ぎ、間違えた方向に行っちゃった時はどうしたらいいの?

あ~っ、間違えちゃった~

 

最近の高速道路って、JCT(ジャンクション分岐)が多かったりして複雑だと思いませんか?

ナビがあっても途中どっちに進むか迷って、間違った方向に行っちゃった…なんてことありませんか?

高速道路 間違えた
また、ついうっかり降りるICを通り過ぎてしまい焦ってしまった経験はありませんか?

 

そんな時、思わずパニクッてしまい、逆走して大事故に・・・なんてことにもなりかねません。

 

しかし、ちゃんとした対処法があり、間違えたICで降りても、元々の料金で目的地のICまで行けます。

では、その対処法を見ていきましょう!

スポンサードリンク



 

高速道路で間違えてしまった時

目的地のICを過ぎてしまった・・・

分岐で間違えて反対方向に・・・

高速道路 間違えた
そんな時は

特別転回ということができます。

 

 

特別転回とは?

出典:乗りものニュース編集部

出典:乗りものニュース編集部



一旦、目的地とは違うICで降ります。

そして、そのICに再入場して目的地のICへ向かうため転回します。

その時に間違えた分の料金を払わなくても済むように、転回することを言い、この時「特別転回」の承認印をもらいます。

 

特別転回のやり方は?

1.まず、気づいた一番近くのICで降りる

間違いに気づいたら、一番近いICで降ります。

(できるだけ近いICで降りましょう。降りるICが遠くなればなるほど往復分で倍時間がかかってしまいます。)

 

2.料金所の一般車レーンに進み、係員に話す

降りたICの料金所で、一般車はもちろんETC車も、一般レーンへ行きます。

そこの料金所の係員に間違えた旨を伝えます。すると、通行券に「特別転回」の承認印を押してもらえます。

料金所
出典:乗りものニュース編集部

出典:乗りものニュース編集部



 

3.再入場して目的地を目指す

料金所を出てから、すぐUターン路がある場合と、一般道まで進んでからUターンする場合があります。

係員の指示に従い、IC入口料金所の一般レーンで、間違えてしまった旨を伝えます。

 

これで間違えて乗った分の高速料金を払うことなく、目的のICへいくことができます。

なので、間違えてしまっても決して慌てて逆走はしないでくださいね

 

スポンサードリンク



 

 

まとめ

 

高速道路 分岐最近の高速道路は分岐が多く複雑です。ナビがあっても間違えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、間違えてしまっても「特別転回」を利用すれば、無駄な料金を支払わなくても済むので覚えておくと良いですね。

間違えてしまった時間は戻ってきませんが、逆走して事故をしてしまっては元も子もありません。

安全運転で、正しい目的のICへ向かってくださいね。

 

以上「高速道路で間違えてしまった場合の対処法」についてお伝えしました。

それでは、事故のないように安全でよい旅を!

 

スポンサードリンク

-レジャー

Back to Top ↑