とはなに

あなたの「とは?」「なに?」をスッキリ!由来、意味、方法などお届けします♪

ふわとろオムライスの卵の作り方 行列のできるオムライス店の元店長が伝授

ご飯の上にのせたオムレツをナイフでカット。すると、卵が割れて、ふわふわ~と半熟のオムライスが・・・。

そんな「ふわとろ半熟オムライス」憧れちゃいますよね。

実は、あるコツを知ればあなたにも簡単に作れちゃうんです。

スポンサードリンク



私は、かつて行列のできる有名なオムライス専門店に3年ほど店長として勤めていました。過去にテレビに何度か出たことのある愛知県では有名なお店です。

そのオムライス専門店で働くまでは、調理の仕事をしたことありませんでした。お客さんに半熟のふわとろオムライスを提供するために入社して1か月間は毎日まかないで作り続け、商品として出すことができるようになりました。

作り方にはコツがあるのですが、その中でも誰にでも出来るようなチョッとした技があります。お店の様にとはいかないまでも、あなたにも「ふわとろ半熟オムライス」が作れてしまうと思います。

それではご覧ください!

omelet
 

ふわとろ半熟卵オムライスの作り方

まずはこちらの動画で手順を確認してみてください。



 

下準備篇

【道具】
  • フライパン(直径22cm前後のが作りやすい)
  • 菜箸
  • ボウルと泡立て器
【材料(1人前)】
  • 卵・・・2個(Lサイズ)
  • ごはん・・・茶碗1膳分
  • サラダ油・・・適量
【食材下準備】

1.卵をよく泡立て器でかき混ぜます。※卵には何も入れません。

2.ごはんを皿にもって、形をつくっておきます。※ギュッと押さえるのはNGです。形を作る程度に軽く押さるのがコツ、ご飯がパラッとしてオムライスを美味しくいただけます。

 

さぁいよいよ、ふわとろ半熟オムライスのメイキングにはいります!

 

スポンサードリンク



 

フライパン編

①フライパンに火(強火)をいれ、サラダ油を入れます。

1
 

②サラダ油がスーっとフライパンの上で動くぐらいに温まったら、卵を投入します。

2
 

フライパンは前に傾けた状態にしておきます。

3
※コツ1・・・フライパンはずっと傾けておきます。

 

 

④菜箸でよく卵をスクランブルします。この時常にフライパンは前後にゆすっています

4
 

 

⑤やや卵が固まり始めたら、菜箸で卵の周り1周はがすような感じでなぞります。

5
 

 

⑥卵を返します。

6
※コツ2・・・フライパンの底(体に近い側)を「コン、コン」とコンロの支える部分に当てると、簡単に卵が返ります。

 

 

⑦フライパンの持ち方を、ごはんに乗せやすい持ち方に変えます。

hold1
普通の持ち方から

hold2
のように持ちかえます。

 

 

⑧フライ返しを使って卵の右側を支えながらそっとごはんの上に乗せます。

8
 

 

⑨卵が固まらないうちにナイフで切れ目を入れれば、ふわとろ半熟オムライスの完成です♪

9
 

omelet
 

いきなり卵を巻くのは難しそうという方は、本物の卵を使う代わりに、ふきんをフライパンの上に敷いて、返す練習をするとよいかもしれません。※この時はあくまでも卵を返して巻く練習なので、コンロに火はつけないでください。火事になると大変です。

 

 

あなたが家庭で「ふわとろ半熟オムライス」成功することを願ってこの記事を終わりにします。最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

スポンサードリンク

-料理

Back to Top ↑