とはなに

あなたの「とは?」「なに?」をスッキリ!由来、意味、方法などお届けします♪

除夜の鐘の意味って?撞く回数(108)は煩悩に関係が?

大晦日も終わり新年に変わろうという年の瀬、「ゴォーン・・・」と鳴り響く鐘の音。

これを聴くといよいよ新年が来た~という気持ちになりますよね。

ところで、この鐘を撞(つ)く「除夜の鐘」ですが、そもそもどんな意味があって撞くのでしょうか?

また、108回と撞く回数が決まっているのですが、なぜ「108回」なのでしょうか?

スポンサードリンク


除夜の鐘 由来

歴史

除夜の鐘の歴史を辿ると、鎌倉時代までさかのぼり、中国から伝わったものだと言われています。

 

除夜とは

「大晦日の鐘」でもなく、「新年の鐘」でもなく「除夜の鐘」と言いますが、この「除夜」とは、どんな意味なのでしょう?

実は「除日の夜」を指し、大晦日の夜のことになります。

「除」という言葉には、古いものを捨てて新しいものを迎えるという意味があります。新年の前日である大晦日は、新しい物を迎えるために古いものを捨てる「除」の日、つまり「除日」なのです。

 

なぜ鐘を撞くの?

鐘を撞いて、煩悩を追い払い、新年を清い心で迎えるためです。

煩悩とは、心の乱れを意味し、欲望や怒りなど人の苦しみの元とされます。

 

さて、除夜の鐘の撞く回数ですが、正式には108回と決まっているようです。ではこの108という数字、どうしてなのでしょうか?

 

スポンサードリンク



 

 

除夜の鐘の回数108回について

「煩悩を追い払うため」に鐘を撞くのですが、この「煩悩」人間には108つあると言われています。

でも、どうして108という数が出てきたのでしょうか?

それには、所説あるようですが、その中でも3つのわかりやすい説を紹介します。

 

1.四苦八苦 から

「四苦八苦する」という言葉がありますが、これが由来で、

〝四苦〟は4×9、“八苦”は8×9で、36(4×9)+72(8×9)=108となり、これが煩悩の数という説です。

 

2.時節 から

月の数(12)と二十四節気(24)、七十二候を併せた数で、12+24+72=108となります。

二十四節気というのは、1年を24に分けたもので、立春や夏至、秋分、立冬など聞いたことがあると思います。

そして七十二候とは、この二十四節気を細かくしたものです。

 

 

3.人間の感覚 から

人間には感覚を生じさせる器官が6つあります。それを六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)といいます。

そしてその6つに、それぞれに好(気持ちがよい)・悪(不快)・平(どちらでもない)の3つの感覚があり、6×3=18の煩悩が生じます。

さらに、この18の煩悩に、浄(綺麗)と染(汚い)の2パターンがあり、18×2=36に。

またまたさらに、時を表す、過去・現在・未来の3パターンに分けて、36×3=108になります。

 

 

正しい鐘の撞き方

正式には、107回目までは大晦日のうちに、そして最後の一回は新年になってから鐘を撞くのだそうです。

しかし、この正式なやり方でやるには、きっと難しいですよね。

また、108回撞くというのも絶対というわけではなく、寺によっては108回よりも多く鐘を撞くところもあります。

 

 

あとがき・・・

いかがでしたか?

除夜の鐘はどんな意味で撞くのか?なぜ108回なのか?おわかりいただけましたか?

なにはともあれ、あなたの来る年が良い年でありますように!

最後まで読んでくださりありがとうございました。それではまた。

スポンサードリンク

-年末年始

Back to Top ↑