スペードのエースだけ何故大きくて派手なの?

スポンサーリンク
スペードのエースはなぜ大きい雑学

トランプしてる時、ふとこんな事思ったことありませんか?

「スペードのA(エース)だけ、絵柄が大きくて派手なんだけど、なんで?」

スペードだけ特別の意味があるんでしょうか・・・

実は、脱税を防ぐためなんです。
でも、どうして脱税を防ぐためだと、スペードのエースが大きくて派手に?と思われますよね。

スペードのエースだけ、模様が大きくて派手な理由

18世紀のイギリスが舞台

スペードのエースが大きくて派手になるようになったきっかけは、18世紀のイギリスが舞台なんです。

戦争

当時のイギリスは、第2次百年戦争とよばれる長く度重なるフランスとの戦争で、財政難に陥っていいました。

財政難

そこで、イギリス政府はあらたな税金を考えます。

それが、トランプ税でした。

 

当時イギリスでは、トランプを使った違法なギャンブルが流行し、トランプが飛ぶように売れていました。

政府にとって、このトランプに高い税金を課けることで、税収もアップして、しかも違法ギャンブルも減り、一石二鳥と考えたわけです。

 

税金を納めた証明としてスタンプが押された

税金を納めるのは、もちろんトランプを売るメーカーになります。

そして、メーカーがきちんと税金を納めた証明として、トランプ1セットの内1枚のカードにスタンプが押されました。

でも、何故、スペードのエースなの?

まず、スタンプですが、トランプ1セットの一番上のカードに押されます。

そして、トランプの製造方法により、裁断したカードを揃えた時に、一番上のカードがスペードのエースになりやすかったのです。

 

メーカーが脱税を考え、政府とスタンプ作りのイタチごっこ

メーカーは、トランプ税がとても高かったため、税金を払わずにトランプを売りたいと考えます。

最初の頃はスタンプが簡単なデザインだったため、これを偽造するようになります。

↓実際の最初の頃のスタンプ(画像提供:IPCS)

スペードのエース

そのため政府は偽造されないようにと、スタンプのデザインを改良していきます。

が、メーカーも負けずとを真似ていきます。

↓実際の改良されたスタンプ(画像提供:IPCS)

スペードのエース

そして、また政府が改良を加え、メーカーも真似て・・・

そういうわけで、メーカーと政府とのイタチごっこに。どんどん複雑なデザインになっていきます。

そしてとうとう、まるでお札の模様のようなデザインに。

↓実際のスタンプ(画像提供:IPCS)

スペードのエース なぜ大きく派手

トランプ税が半分以下、そして廃止もデザインは残る

ここまで加熱してきたデザインのイタチごっこでしたが、政府は、なんとトランプ税を半分以下にすることに。

イギリスの経済も順調になり回復してきたこととと、偽造が横行している事態よりも、トランプ税を低額にして、確実に納税してもらいたいことから、半分以下の税額に。

 

さらに税額も引き下がっていき、トランプメーカーはスペードのエースのデザインを自由に印刷できるようになります。

そして、スペードのエースのデザインが、それぞれのメーカーの象徴になるようになっていきます。

最終的に、このイギリスのトランプ税は、1960年に廃止されます。

しかし、スペードのエースのデザインはそのまま残り続け現在にいたるわけです。

スペードのエース なぜ大きい

まとめ

いかがでしたか?

 

スペードのエースだけ何故大きくて派手なのか?

をまとめますと、

 

トランプ税の納税証明として押したスタンプをメーカーが脱税したいために偽造。

それを防ぐためにどんどんと複雑なデザインに。

最終的にはトランプ税が廃止されるも、そのデザインは各メーカーで自由に印刷できるようになり、メーカーのシンボル的なものになった

 

というところです。

 

以上、スペードのエースだけ何故大きくて派手なの?でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました