食後にコーヒーを飲むのはなぜ?

食後にコーヒー

コーヒーって、食前ではなく「食後」に飲むのが一般的ですよね。

でも、なんで食後なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

ワインの酔いをさますため

実は、食後にコーヒーを飲むのは、「ワインの酔いをさますため」というフランスの習慣が元になったと言われています。

 

「酔っぱらう」というのは、アルコールが体内に入り脳の働きを麻痺させる現象です。

コーヒーを飲むと、成分のカフェインが脳の働きを活性化させ麻痺を緩和し、酔いを覚ましてくれるというわけです。

 

フランスの食文化が関係

食事とワイン

フランスと言えば「美食」。また「ワイン」のイメージがありますよね。

実際に、食事と一緒にワインを楽しむ習慣がフランスにはあります。

ランチ時にも「ワイン」を飲みます。

 

なぜ、酔い覚ましが必要だった?

コーヒーが広まった時代(17世紀ヨーロッパ)は、肉体労働から頭をつかう労働にシフトしていった頃でした。たとえば、銀行業や保険業など。

そして、酔って午後からの仕事に影響がでないように「ワインの酔いを覚ます」ためにコーヒーを飲むようになったといわれます。

 

コーヒーの発祥から日本に伝わるまで

食後にコーヒーを飲むのはなぜ

発祥地はエチオピア

コーヒーは、アフリカ(エチオピア)が発祥の地とされています。

初めは飲み物というより、「薬」的なもので、「団子」のようにしてかじったりしていました。

イエメンで飲み物になる

それがイエメンに伝わり、15世紀半ばごろにアラビア語で「ワイン」を意味する「カフア」という飲み物として飲まれるようになりました。

なぜ「ワイン」を意味する「カフア」という名前がついたのかは、この地方はイスラム教で禁酒のため、覚醒作用のあるコーヒーがアルコールの代わりとして飲まれまていたから。

これが「コーヒー」の語源ではないかとされています。

他の説で、コーヒーの原産地エチオピアにある「カッファ」という地名が、アラビア語になった、とも言われています。

 

17世紀にはヨーロッパ全土に広まる

その後、アラビア半島、トルコへ伝わり、16世紀ごろにヨーロッパへ。

17世紀ごろにはヨーロッパ全土に広まったとされています。

食後にコーヒーを飲むのはフランスの食文化が由来

まずはロンドンで流行し、その後パリ、ウィーン、ヴェネチア・・・とヨーロッパ各地に広まりました。

 

日本に「食後のコーヒー」が広まったのは?

コーヒーが日本に持ち込まれたのは、江戸時代後半(18世紀末頃)にオランダ人の手によってと言われています。

ただ、その頃は嗜好品というよりも「薬」としての効果を期待するものでした。

 

嗜好品として初めて日本人で飲用したのは、「渋沢栄一」達だといわれています。

コーヒーと渋沢栄一

NHK大河ドラマ「青天を衝け」を見ていた方は覚えているかもしれませんが、パリ万博(1867年)でパリへ行ったときに「かっふえー」と言って美味しそうに飲むシーンがありましたね。

 

それが、明治時代に入り、文明開化でヨーロッパの食文化が全国的に広まっていきます。

レストランでは、食事にセットで「コーヒー」がついてだされました。

フランスの「ワインの酔いを覚ますために食後に飲んだ」という習慣が、こうして日本でも「食後にコーヒーを飲む」ようになったわけです。

 

やってはいけないこと

酔い覚まし効果があると言っても、飲酒をしたら車の運転などは絶対に避けてくださいね。

以上、 食後にコーヒーを飲むのはなぜ? でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました