とはなに

あなたの「とは?」「なに?」をスッキリ!由来、意味、方法などお届けします♪

なぜ12月31日は大晦日っていうの?意味と由来はコレ!良い年を迎えるために

大晦日(おおみそか)といえば、12月31日つまり一年の最後の日のことです。

しかし、なぜこの日を「大晦日」と呼ぶのか?知っている人は意外に少ないのではないでしょうか?

大晦日の意味と由来を知れば、その年を正しく締めくくることができ、良い新しい年を迎えることができますよ。

スポンサードリンク


なぜ大晦日と呼ぶの?

大晦日という言葉は、「大」と「晦日」が合わさった言葉でできています。

この「晦日」の意味と由来を見てみましょう。

「晦日」とは月の最終日

「晦日」は、もともとは「三十日」を意味します。三十日を「みそか」と読みます。四十歳を「よそじ」と呼ぶみたいな感じです。

「三十日(みそか)」は、旧暦で月の最終日を指しました。

しかし、ここで疑問がわきます。なぜ「みそか」が「三十日」ではなく「晦日」と書くのでしょうか?

 

「晦日」は「つごもり」の意味

「晦」は「つごもり」とも読みます。

この「つごもり」は月の最終日を意味しているんです。ではなぜ、月の最終日を「つごもり」というのでしょうか?

旧暦で一カ月は、お月さまの満ち欠けの様子で決まっていました。月の始まりは、お月さまが真っ暗な状態でスタート(新月)、15日目(十五夜)に満月となり、そして段々と月が隠れていき30日目には真っ暗な状態になります。

そして、この月が隠れる様子から、月の最後である30日目を「月隠り(つきごもり)」、略して「つごもり」というのです。

 

「大晦日」は、「年の最後」+「月の最終日」

現在のこよみは新暦のため、一カ月の最後は30日ではない月もあります。そして新暦の12月は31日までありますよね。

12月以外の月の最終日は「晦日」ですが、12月31日は年の締めくくりで特別な最終日「大晦日」と呼ぶのです。

 

さて、良い新年を迎えるために、大晦日までにしておく事はあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク



 

良い新年を迎えるために

大掃除

綺麗にして新年を迎えたいということで、大体の方が年末に大掃除をするのではないでしょうか?

しかし実は、大掃除をする歴史的な理由がありました。

大晦日の歴史は平安時代までさかのぼり、正月に稲の豊作をもたらす「歳神様」という神様をお迎えするために綺麗にするという意味合いがあったようです。

そして「大晦日」は、歳神様を正月にお迎えするための準備日だったそうです。

 

ここで、ひとつ気を付けたいことが・・・

大掃除は新年に持ち越してしまうと、せっかく迎え入れた歳神様を「掃き出してしまう」ことになるので、くれぐれも、大晦日までに済ませて、正月に大掃除はしないようにしてくださいね。

 

年越しそば

「年越しそば」の歴史は、江戸時代に始まったと言われています。

長寿と健康を願い、細く長い蕎麦が食べられるようになったようです。また、「一年の災厄を断ち切る」という意味合いもあります。(蕎麦は切れやすいことから)。

ところで、「年越しそば」ですが、食べる意味・由来をご存知ですか?また、そばを食べるタイミングっていつか迷いませんか?

そんなあなたにこちらの記事をどうぞ!
 

除夜の鐘

大晦日と言えば「除夜の鐘」を思い浮かべる人も多いと思います。

この「除夜の鐘」は、大晦日の夜から元旦にかけて鳴らしますが、鐘を撞く回数が108回というのはご存知だと思いますが、なぜ、108回撞くのかわかりますか?

この鐘を撞く回数「108」は、人の煩悩の数を意味しています。煩悩を取り去って、清らかな心で新年を迎えることができますように、との意味があります。

どうして108回が煩悩の数なのかは、除夜の鐘の意味って?撞く回数(108)は煩悩に関係が?の記事を参考にどうぞ。

 

あとがき

以上、「なぜ12月31日は大晦日っていうの?意味と由来はコレ!良い年を迎えるために」でした。

いかがでしたか?

まとめますと、「晦日(みそか)」は元々旧暦の月末である「三十日(みそか)」からきています。そして、月の最終日である「三十日(みそか)」は月の満ち欠けの様子で、月が隠れてしまうことから「月隠り(つきごもり)」と呼ばれ、これが訛って「つごもり」つまり「晦(つごもり)」となりました。

そして、一年の締めくくりである12月31日は、ただの月末の意味「晦日」ではなく「大晦日」というのでしたね。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。それでは、良いお年をお迎えくださいね!

スポンサードリンク

-年末年始

Back to Top ↑